毒性アリ!?エリクシールシュペリエルの毒性を調べてみた

食べたものに毒性があるのはとても怖いことですが、肌から入り込む毒性もとっても怖いですよね。

エリクシールシュペリエルの安全性は確かなものなのでしょうか。

「毒性はあるの?」「肌への悪影響は?」

といった疑問や不安をお持ちの方に、エリクシールシュペリエルの毒性について紹介していきます。

本当に使って大丈夫?エリクシールシュペリエルの毒性をチェック

エリクシールシュペリエルは資生堂の人気商品。

有名ブランドの商品ということもあり、安心して使っている方も多いでしょう。

しかし、スキンケア商品の中には毒性のある成分が配合してあったり、それを知らずに使って肌トラブルを起こすなんてこともあります。

そんな怖い情報を知ると、エリクシールシュペリエルも本当に安全なのか不安になってしまいますよね。

エリクシールシュペリエルには抗炎症作用のある「トラネキサム酸」、保湿作用がある「水溶性コラーゲン」が配合されています。

トラネキサム酸には美白効果もあるため、様々な美白化粧品に配合されている知名度の高い成分。

水溶性コラーゲンも様々な化粧品に配合されています。

トラネキサム酸と水溶性コラーゲンに毒性なく、安全性が高く肌への影響は一切ないとされていますよ。

エリクシールシュペリエルにはその他にもオランダカラシエキスやイノシット、塩酸リジン、精製水などたくさんの成分が配合されていますが、どれも毒性はありません。

敏感肌は注意!ジプロピレングリコールとエタノールについて

エリクシールシュペリエルに毒性のある成分は含まれていませんが、ジプロピレングリコールとエタノールが含まれているため注意が必要です。

ジプロピレングリコールは保湿成分ですが、肌や目に刺激を与えることも。

エタノールは防腐作用目的や清涼感目的として配合されていますが、肌にピリッとした刺激や肌荒れを引き起こすことがあります。

肌バランスが良く健康肌なら問題ないですが、敏感肌の方は注意してください。

エリクシールシュペリエルを使って肌に違和感や刺激、肌荒れなどが起きたときは、使用を中止しましょう。

症状が改善しないようなら、皮膚科を受診してお薬を処方してもらってくださいね。

「今まではエリクシールシュペリエル使っても大丈夫だったのに、急に刺激を感じるようになった」ということもあるでしょう。

そのような場合は、肌が一時的に敏感になっている可能性が高いです。

肌トラブルが起きたときは使用を一旦中止して、クレンジングや洗顔をいつもよりやさしく行いスキンケアもクリームだけ使うなど簡単に終わらせてください。

いつもの肌に戻ったらエリクシールシュペリエルを再開するといいでしょう。

まずはトライアルから!エイジングケア1週間体感セットを紹介

エリクシールシュペリエルに毒性は一切ありませんが、どんな化粧品も肌に合う・合わないがありますよ。

最初から本品を購入してしまうと、もし肌に合わなかった場合もったいないですしショックを受けてしまいます。

悲しい思いをしないためにも、まず最初はトライアルセットを試してみるのがおすすめ!

資生堂の公式通販サイト「ワタシプラス」では、エリクシールシュペリエルを7日間も試せるトライアルセットを販売しています。

化粧水・乳液・乳液(朝用)のミニサイズがセットとなっており、さっぱり・しっとり・とてもしっとりの3種類から自由に選ぶことができるんです。

値段は1,080円(税込)でとても安いので、気軽に試すことができるでしょう。

「肌に合うか不安」「使用感を確かめたい」「フェイスラインがぼやけてきた」「肌にハリが欲しい」といった方は、まずはトライアルセットを購入してみてくださいね♪