エリクシールシュペリエルとエリクシールホワイトの違い

エリクシールシュペリエルとエリクシールホワイトの違いですが、有効成分が全く違います。有効成分はエリクシールシュペリエルは「トラネキサム酸」、エリクシールホワイトには「4MSK」です。成分の通り、「乾燥が気になる・ハリツヤが欲しい」ならエリクシールシュペリエル、「くすみが気になる・美白したい」ならエリクシールホワイトで良いでしょう。

この記事ではエリクシールシュペリエルとエリクシールホワイトの全成分を紹介しますが、有効成分以外の成分はほぼ共通しているため、成分の違いだけ確認してもあまり違いがわからないかもしれません。

違いを知るのならどちらもトライアルセットがあるので、まとめて試してみるのもおすすめですよ。どちらも1000円ちょっとで試せますからね。

↓エリクシールシュペリエル・エリクシールホワイトのトライアルセットはこちら
https://www.shiseido.co.jp/

エリクシールシュペリエルとエリクシールホワイトの違いとは?成分・価格と比べてみた

エリクシールシュペリエルの全成分

●リフトモイスト ローション T Ⅲ(もっとしっとり)
有効成分:トラネキサム酸
その他の成分:オランダカラシエキス,イノシット,水溶性コラーゲン(F),塩酸リジン,精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,エタノール,ポリエチレングリコール1500,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,1,3-ブチレングリコール,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,ヒドロキシエチルセルロース,クエン酸ナトリウム,エリスリトール,クエン酸,エデト酸二ナトリウム,アルギン酸ナトリウム,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ローズマリー油,酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,パラオキシ安息香酸エステル,香料

●リフトモイスト エマルジョン T Ⅲ(もっとしっとり)
有効成分:トラネキサム酸
その他の成分:オランダカラシエキス,イノシット,水溶性コラーゲン(F),塩酸リジン,精製水,濃グリセリン,エタノール,テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット,ジプロピレングリコール,α-オレフィンオリゴマー,ベヘニルアルコール,1,3-ブチレングリコール,ワセリン,メチルポリシロキサン,メチルフェニルポリシロキサン,マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル,ポリオキシエチレンベヘニルエーテル,バチルアルコール,アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,クエン酸ナトリウム,キサンタンガム,クエン酸,N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル),メタリン酸ナトリウム,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,エデト酸二ナトリウム,ポリオキシエチレンフィトステロール,ローズマリー油,ピロ亜硫酸ナトリウム,ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1),酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,香料,黄酸化鉄

トラネキサム酸は「抗肌あれ」に効果あり

シミ部位の慢性微弱炎症状態に作用しメラニンを生成する細胞メラノサイトの活性化を抑制する働きがある。資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。
トラネキサム酸は抗肌あれとしての効果も有するため、資生堂ではメラノサイトの活性化を抑制する成分としては、「m」をつけて、m-トラネキサム酸という名称を使っている。

トラネキサム酸といえば美白クリームにも配合されているイメージですが、うるおい・保湿効果にも期待できる安全性の高い成分と言われています。

エリクシールシュペリエルの価格

化粧水:3,240円
乳液:3,780円
美容乳液:3,024円

エリクシールシュペリエルのトライアルセットは1080円

・化粧水(30mL)
・乳液(18mL)
・美容乳液(5mL)

↓エリクシールシュペリエルのトライアルセットはこちら
https://www.shiseido.co.jp/

エリクシールホワイトの全成分

●クリアローション C Ⅲ(化粧水/もっとしっとり)
有効成分:4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:イノシット,ヨクイニンエキス,トウキエキス(1),水溶性コラーゲン(F),オリーブ葉エキス,ヨモギエキス(2),精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,エタノール,ポリエチレングリコール1500,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,1,3-ブチレングリコール,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,ヒドロキシエチルセルロース,エデト酸二ナトリウム,クエン酸ナトリウム,エリスリトール,アルギン酸ナトリウム,クエン酸,2-O-エチル-L-アスコルビン酸,水酸化カリウム,ローズマリー油,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,塩酸リジン,酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,香料

●クリアエマルジョン C Ⅲ(乳液/もっとしっとり)
有効成分:4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK),グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:イノシット,ヨクイニンエキス,トウキエキス(1),水溶性コラーゲン(F),オリーブ葉エキス,ヨモギエキス(2),精製水,濃グリセリン,ジプロピレングリコール,ベヘニルアルコール,α-オレフィンオリゴマー,メチルポリシロキサン,1,3-ブチレングリコール,ピバリン酸イソデシル,ステアリルアルコール,N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム,ワセリン,ジイソステアリン酸グリセリル,N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル),ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,エデト酸二ナトリウム,クエン酸ナトリウム,エタノール,クエン酸,水酸化カリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ローズマリー油,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,塩酸リジン,酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,香料

4MSKは「溜まったメラニンの排出」に効果あり

サリチル酸の誘導体で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称。酵素チロシナーゼの活性を抑え、メラニン生成を抑制するだけはなく、シミ部位で生じている慢性的な角化プロセスの乱れ(慢性角化エラー)に作用して、溜まったメラニンを排出する効果を持つ。資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。

4MSKは資生堂が開発した成分で、メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐために配合されています。

エリクシールホワイトの価格

化粧水:4,320円
乳液:4,860円

エリクシールホワイトのトライアルセットは税込1,188円

エリクシールシュペリエルと同じようにトライアルセットが用意されていますから、一度も試したことがなければトライアルセットから初めてみてくださいね。

↓エリクシールホワイトのトライアルセットはこちら
https://www.shiseido.co.jp/

エリクシールシリーズはドラッグストアで買える?

エリクシールシュペリエルもエリクシールホワイトも、マツモトキヨシやクリエイト、カワチ薬品、スギ薬局など近所のドラッグストアで買うことができるはずです。

ただし、割引対象外化粧品のため、割引はされていないでしょう。ドラッグストアでは20%オフ・30%オフの化粧品が並んでいるので、少し割高に感じてしまうかもしれません。

つめかえ用を購入しよう

エリクシールは「つめかえ用」がありますので、2回目以降の購入であれば「つめかえ用」を利用するのがおすすめ。容量が少ない分、価格も安くなっています。

楽天で購入する際に必ず注意してほしいこと

エリクシールは楽天で多少安くなっていることがあります。ただし、送料を含めると逆に割高になる場合があるので、定価をよく確認して安く買える販売店を見極めましょう。

悪質な業者は論外ですが、「エリクシールシュペリエル」のほうを買う場合はひとつ注意してほしいことがあります。それは2018年10月21日にリニューアルしたばかりのため、未だに旧品が売られているという点です。

ちなみに公式サイトではすでに旧品の販売は終了しており、ドラッグストアでも購入できないようになっています。ですが、楽天では未だに古い商品が並んでいるため間違えて買わないようにしましょう。

リニューアル商品:リフトモイスト ローション「T」
旧品:リフトモイスト ローション「W」

リニューアル後は「T」、以前は「W」です。エリクシールシュペリエルの化粧水(ローション)・乳液(エマルジョン)のアルファベットが変更されていますのでしっかり確認しましょう。ちなみにエリクシールホワイトはリニューアルされていないためアルファベットを気にする必要はありません。

エリクシールは何歳から使うべき?対象年齢は30代と40代

また、エンリッチドリンクルクリームのCMには石田ゆり子さんが出演していますよね。2018年現在、篠原涼子さんは45歳、石田ゆり子さんは49歳です。CMに起用されている女優さんたちから、ターゲット層が30代女性・40代女性というのはなんとなくわかりますね。

20代でも使いたい場合は?

口コミを確認してみると20代後半から愛用者が急激に増えているのがわかります。私も20代の頃、30代向けの化粧品を使いたいと思っていました。事実、肌トラブルは20代後半から多くなると感じています。エリクシールシュペリエルの対象年齢は30代・40代ですが、20代だから絶対に使ってはいけない、なんてことはないでしょう。

50代で愛用している女性もいる

30代女性・40代女性に比べると、50代女性の使用率は低くなります。化粧水と乳液ではエイジングケアとしてはアイテムが少ないように思います。ですが、石田ゆり子さんも来年は50歳になるわけですし、石田ゆり子さんが出演されているエンリッチドリンクルクリームはシワ改善クリームとして、幅広い年齢層に使ってもらうためのアイテムのように思います。

20代でも50代でも、エリクシールはトライアルセットで気軽に試せるのが嬉しいですよね。1週間試してみれば、自分の肌に合っているかは十分に分かるはずですよ。

↓エリクシールシュペリエル・エリクシールホワイトのトライアルセットはこちら
https://www.shiseido.co.jp/